栄養士がおすすめするメニュー
栄養士がおすすめするメニューとは TOPへ戻る
静岡の地場産を使ったメニュー
辻村・石田・池谷

成分 エネルギー たんぱく質 脂質 塩分
884 kcal
37.9 g 21.2 g 3.7 g

  ●メニューのポイント
  静岡県の伝統食です。
静岡県は地理的に恵まれ、海、里、山の新鮮な食材が比較的入手しやすかったため、素材の風味を生かしたシンプルな料理が多く見られます。

■とろろ茶飯の作り方

米はといでザルにあげる。

茶葉に湯を注ぎ、茶液を抽出する。

炊飯器に米と分量の茶抽出液を入れて炊き上げる。

自然薯はたわしで洗いすり鉢ですり、醤油、卵を加えてよくする。

だしと味噌で味噌汁を作り、徐々に加えて溶きのばす。

器に茶飯を盛り、たっぷりのとろろをかけ、小口切りの青ネギを散らす。


材料・1人分量
米・精白米(水稲)・・・80
水・・・120
せん茶・茶・・・6
じねんじょ-生・・・60
鶏卵・全卵-生・・・15
米みそ・甘みそ・・・4
かつおだし・・・15
こいくちしょうゆ・・・3
葉ねぎ・葉-生・・・4
■桜海老のかき揚げの作り方

たまねぎはスライスする。レモンはくし型、大根はすりおろす。

卵を割りほぐし、冷水を加えてよく混ぜ、小麦粉を振り入れて軽く混ぜる。

桜海老、たまねぎをボールに入れ、衣を少しずつ加えてまとめ、160℃で揚げる。

器にかき揚げを盛り、レモンと大根おろしを添える。

  *乾燥桜えびの場合、一人あたり7g使用


材料・1人分量
さくらえび-ゆで・・・20
たまねぎ・りん茎-生・・・30
薄力粉・1等・・・10
鶏卵・全卵-生・・・17
水・・・17
大豆油・・・10
レモン・全果-生・・・13
大根・根、皮つき-生・・・50
■つみれ汁の作り方

鯵を3枚におろし、皮をむいてたたく。

酒、塩、卵、片栗粉を混ぜすり鉢でする。

緑茶は少量の湯でやわらかくし、よく絞ったものを細かく刻み、Aに加え混ぜる。

Bを丸めて一口大のつみれをつくり、下茹でする。

たけのこはいちょう、さとうえんどうは斜めに切る。

だし汁にたけのこを入れて火にかけ、沸騰したらつみれとえんどうを加える。

塩と醤油で味を調える。


材料・1人分量
あじ・まあじ-生・・・40
せん茶・茶・・・2
清酒・上撰・・・2
食塩・・・0.2
じゃがいもでん粉・・・1
鶏卵・全卵-生・・・5
かつおだし・・・150
食塩・・・0.5
こいくちしょうゆ・・・1
たけのこ・若茎-生・・・7
さやえんどう・若ざや-生・・・7
■黒はんぺんの生姜焼きの作り方

生姜はおろし、しょうゆとみりんを和えたものにはんぺんをつける。

熱したフライパンに油をひき、はんぺんを色よく焼く。



材料・1人分量
黒はんぺん・・・50
みりん風調味料・・・2
しょうが・葉しょうが・根茎-生・・・1
大豆油・・・0.5
こいくちしょうゆ・・・2
■わさび和えの作り方

えのき茸は茹で、水気を絞り、3cm程度に切る。

キャベツは食べやすいサイズに切る

わさびと醤油をあわせ、野菜を和える。

材料・1人分量
キャベツ・・・50
えのきたけ-生・・・10
わさび・根茎-生・・・1
こいくちしょうゆ・・・2
みりん風調味料・・・2
■安倍川餅の作り方

餅を蒸し器で6〜7分蒸す。

きな粉と砂糖は合わせておく。

餅が柔らかくなったら、手に水をつけて適当な大きさにちぎり、黄な粉をまぶす。

材料・1人分量
もち(もち米製品)・・・40 きな粉・全粒大豆・・・2
車糖・上白糖・・・2
ページの上部へ戻る