栄養士がおすすめするメニュー
栄養士がおすすめするメニューとは TOPへ戻る
行楽焼きおにぎり弁当
若林恭子
使用地場産品

成分 エネルギー たんぱく質 脂質 塩分
639kcal
26.6g

13.0g

2.5g

■焼きおにぎり

100gで1個のおにぎりを2個作る。

おにぎりをアルミホイルにのせる。上にみそだれを薄く塗る

オーブントースターで5分ほど焼き裏返して同じように味噌を塗って焼く。

材料・1人分量

五穀米・・・200
うす塩仕立て味噌・・・5
みりん・・・3

材料・4人分量

五穀米・・・800g
うす塩仕立て味噌・・・20g
みりん・・・12g

■付け合せ


レタスとミニトマトは洗っておく。よく水を切る。


ブロッコリーは小房にしてゆでて冷ましておく。


きゅうりは5cm程度のスティックに切る。


かごの中に生野菜をもりつける。

材料・1人分量
レタス・・・20
ミニトマト1個・・・15
ブロッコリー・・・15
きゅうり・・・20
材料・4人分量
レタス・・・80g
ミニトマト1個・・・4個
ブロッコリー・・・60g
きゅうり・・・80g
■鶏手羽 鍋照り焼き

鶏手羽はしょうゆとみりんと酒を合わせたたれに30分程度漬け込む。


フライパンに鶏肉を入れ回りが焼けたら、たれを入れて味をからめる。

材料・1人分量
鶏手羽中 骨付き 小3本・・・20g×3

たれ
しょうゆ・・3
みりん・・・2
酒・・・3
材料・4人分量
鶏手羽中 骨付き 小3本・・・12本

たれ
しょうゆ・・小さじ2
みりん・・・小さじ1強
酒・・・大さじ1弱
■黒はんぺん大葉巻
黒はんぺんはフライパンに薄く油をひきさっと焼きたれをからめる。

の黒はんぺんは焼いたら冷ましておき、お弁当に入れるとき半分に切って大葉をまく。

材料・1人分量
黒はんぺん・・・30g 1枚
大葉・・・2
たれ
しょうゆ・・2
みりん・・・2

油・・・1
材料・4人分量
黒はんぺん・・・4枚
大葉・・・4枚
たれ
しょうゆ・・小1
みりん・・・小1

油・・・小1
■ハスと人参の彩り煮
ハスは皮をむき、小さめの乱切りにする。

にんじんは皮をむき、ハスと同じ小さめの乱切りにする。

だし汁を作る。

鍋にだし汁をいれてしょうゆとみりんをいれ煮立ったら、ハスと人参を入れ煮込む。

スナックえんどうは筋を取りゆでて煮物に飾る。

材料・1人分量
ハス・・・40
しょうゆ・・・3
みりん・・・2
スナックえんどう・・・2本
だし汁・・・50cc
にんじん・・・10
材料・4人分量
ハス・・・160g
しょうゆ・・・小さじ2
みりん・・・小さじ1強
スナックえんどう・・・8本
だし汁・・・1C
にんじん・・・40g

■ほうれん草入り卵焼き

ほうれん草はゆででちいさめに刻んでおく。

フライパンに油をひき、 で刻んだほうれん草と卵を混ぜ砂糖と塩を入れて、卵焼きをつくる。

材料・1人分量

ほうれん草・・・20
卵・・・40
砂糖・・・2
塩・・・0.2
油・・・2

材料・4人分量

ほうれん草・・・80g
卵・・・3個
砂糖・・・大1弱
塩・・・少々
油・・・小さじ2


■果物

みかんは輪切りにする。

材料・1人分量

みかん・・・30g

材料・4人分量

みかん・・・小2個


メニューのポイント
行楽で外での食事はやっぱりおにぎりが一番。
味噌を塗っての焼きおにぎりは香ばしいです。
富士の鶏で食べやすい手羽中骨付きを使用し、鍋照り焼きで冷めてもおいしく食べられます。

主食 2つ
副菜 2つ
主菜 2つ
牛乳・乳製品 0つ
果物 0つ
ページの上部へ戻る