当会のご紹介
当会の紹介へ戻る
医療事業部

医療事業部も大きくはばたきます!!


医療において、栄養療法は最も重要視されている治療です。
平成28年度の診療報酬改定においては、20年ぶりに栄養食事指導料の大幅増額となりました。適切な栄養治療を実施することは、栄養障害のリスクの高いもの、もしくは栄養障害のあるものに対し、予後の改善、入院期間の短縮、疾患の治療の補助になることでの治療費の削減など経済効果等も含め期待がされています。


特に管理栄養士は、栄養評価、栄養療法の選択、投与量の決定などの重要な役割があります。日本栄養士会では国際標準化をめざした栄養ケアプロセスを推進しており、その過程に栄養アセスメント、栄養診断、栄養介入、栄養モニタリングと評価の4つの段階があります。国はさらに病院だけでなく、開業医・ドラッグストアー、さらにコンビニとも連携し、在宅への支援を視野にいれた地域包括化をめざしています。私たちも医療にとどまることなく、他の事業部とも連携し、栄養サポートをめざしていく体制をとることが望まれています。
今年度(2016年度)は、適切な栄養ケアプロセスを理解し、有効に活用できるような研修会を企画しています。今年度より、静岡県栄養士会員は、ほぼ無料で研修会に参加できます!また、会員以外の皆様の参加も可能です。是非お申込み下さい。




ページ上部へ戻る
ページの上部へ戻る