栄養ケア・ステーションとは…

日本は世界一の長寿国ですが、国民健康・栄養調査では40〜60歳代男性の3割以上が肥満であるという結果が発表され、また、メタボリックシンドローム (内蔵脂肪症候群)の予備群と疑われる者は40〜74歳で男性の2人に1人、女性の5人に1人いる現状にあり、生活習慣病の予備群は増加傾向にあると言え ます。更に高齢者層に低栄養者が増加するなどの状態があります。

このような背景のもと、厚生労働省は糖尿病・腎臓病や低栄養者の予防改善対策を重要課題としております。

疾病の予防のための健診後の事後指導や重症化防止、高齢者の介護支援・低栄養状態の改善、食育の推進など専門的な立場で適切な栄養・食生活指導及び相談業務を組織的に行う必要性から、食に関するアドバイス等を必要としている地域の方や医療機関などに対して、管理栄養士・栄養士を紹介する拠点として「栄養ケア・ステーション」は生まれました。

「栄養ケア・ステーション」は公益社団法人静岡県栄養士会が、県民の健康維持増進及び生活習慣病予防に寄与することを目的として実施している事業です。 ぜひ、お気軽にご利用ください。

  • 健康づくり、生活習慣病予防事業
  • 病態栄養相談事業
  • 介護予防事業
  • 食育推進事業
  • 特定保健指導事業等

原則として、年末年始を除く9:00〜18:00までとします。
(講演会等は夜間も可)
希望日時は、できるだけ対応させていただきます。

事業内容により異なりますので、事務局にお問い合わせください。

栄養ケア・ステーションの仕組み

  • 保健所、保健センター、包括支援センター等
    が実施する保健指導事業
  • 医療保険者が行う特定保健指導事業等
  • 医療機関が行う健康栄養相談等
  • 介護予防栄養改善事業
  • 健康まつり等
  • フィットネス、スポーツ施設、スポーツ団体
    への健康栄養相談等

健康関連イベント、講演会、講習会、研修会、料理教室、セミナーなどの企画・運営・講師紹介

  • 飲食店等の外食栄養成分表示
  • 事業者(コンビニ、レストラン、飲食店等)向けヘルシーメニュー献立開発等
  • 健康・栄養関連のパンフレット・リーフレットの 企画・制作等

※公益社団法人 静岡県栄養士会では、社会的認知度を高めるため
  様々なサービスを提供できる人材を育成しています。